ベネクスからのお知らせ

新商品やイベント、キャンペーンなどのお知らせです。

2022年08月9日

「山の日キャンペーン」サステナブルで健康な生活を応援

「山の日キャンペーン」サステナブルで健康な生活を応援 登山後のリカバリーに『レッグコンフォート』特別パッケージで販売開始
期間中、売上一部を自然保護団体へ寄付


休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、登山後のケアに役立つアイテムとして、ふくらはぎをピンポイントでケアする『レッグコンフォート』を、山の日である2022年8月11日(木・祝)より特別パッケージを施して、全国の取扱い店舗および公式オンラインストアにて販売を開始します。また、販売開始から国際山の日である12月11日(日)までの売上の一部を自然保護団体へ寄付します。
尚、当社は一般財団法人全国山の日協議会(所在地:東京都新宿区、以下、全国山の日協議会)の団体賛助会員であり、国民の祝日「山の日」浸透に賛同しています。


20220809_sum.jpg



■"足"のケアで自然と親しむ機会を増やす。「登山×健康×自然保護」をテーマにした取り組みを開始

2022年8月11日(木・祝)は、国民の祝日「山の日」。「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として、2014年に制定、2016年より施行された祝日です。この祝日に際し、トップアスリートをはじめとし、ビジネスパーソン・主婦(夫)など幅広い層にご愛用いただいている当社は、「山の日」の趣旨に賛同し、当社商品のなかでも登山をされる方に人気のリカバリーアイテム『レッグコンフォート』を特別パッケージにて販売開始します。

独自開発した特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)※」の身に着けるだけで質の高い"休養"をサポートする機能性をそのままにした、ふくらはぎをピンポイントでケアできるアイテム『レッグコンフォート』。登山などのアウトドアアクティビティにおいて、最も負担が大きい体の一部位の"足"ケアに活用いただくことで、より安全に親しんでいただけるように、そして次への活力に繋げていただけるよう願っています。


■「山の日キャンペーン」で持続可能な社会を応援

近年環境問題や社会問題など様々な問題が存在する中で、当社は、"健康"のなかでも"休養"面から、持続可能な社会の実現や人々の課題解決に取り組んでいます。そこで当社は、全国山の日協議会の活動に賛同し、このたび山や自然に対する感謝の気持ちをあらためて考えていただく機会になるよう、「登山×健康×自然保護」というテーマにて「山の日キャンペーン」を行います。
自然の環境保護のために、「山の日」2022年8月11日(木・祝)より「国際山の日」である12月11日(日)までの期間における『レッグコンフォート』の売上1枚につき100円を、自然保護団体の活動の支援に活用させていただきます。

今後も当社は、社会に渦巻く様々な課題に対して、休養ブランドとしてできることを模索し、課題解決に向けたソリューションを提案し続けてまいります。

※PHT(Platinum Harmonized Technology)は、当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物を繊維1本1本に練り込んで開発した特殊繊維です。「PHT」を使用し、「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」を目的につくられた「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、心身の"休養"をサポートします。

▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220809.pdf

2022年08月3日

Twitterフォロー&リツイートで30名様にリカバリーアイテムをプレゼント

Twitterフォロー&リツイートで30名様にリカバリーアイテムをプレゼント ベネクス累計売上販売枚数140万枚突破感謝キャンペーン!
本日2022年8月3日(水)〜8月17日(水)開催


休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、2022年6月15日時点をもちまして、累計販売枚数140万枚を突破しました。これを記念して、季節・場所を問わず使用できるリカバリーアイテム『ケープストール』がもらえる、Twitterフォロー&リツイートキャンペーンを、本日2022年8月3日(水)12:00より8月17日(日)23:59までの2週間にて開催します。

▼キャンペーン詳細URL
https://www.venex-j.co.jp/campaign-202208.html


0719_F&RT_CP_banner_fix-ts.jpg



疲れに悩むすべての人に実感して欲しい!オールシーズン使えるリカバリーアイテムをゲットできるチャンス
当社は、独自開発した特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)※」の身に着けるだけで質の高い"休養"をサポートする「リカバリーウェア」を開発しています。2010年2月の発売以降、トップアスリート、スポーツチームの選手からビジネスパーソンや主婦(夫)まで幅広い層の方々にご愛用いただき、2022年6月15日時点をもって、累計販売枚数140万枚を突破しました。

今回のTwitterでフォロー&リツイートキャンペーンは、日頃ご愛用頂いている皆様への感謝の気持ちをお届けしたいという思いとともに、「リカバリーウェア」をまだ知らないという方々にもこの機会に実感していただけるようにという願いを込めて、開催することを決定しました。
プレゼント商品は、『ケープストール』です。ハンドスラッシュ付きで大判サイズであるため、ズレて肩から落ちる心配もなく、さらに当社が独自開発した特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)※」の身に着けるだけで質の高い"休養"をサポートする機能性によって、身体が優しく包み込まれている感覚をより感じていただけます。お好きな服の上からサッと羽織って、屋内・屋外問わず充実したリラックス時間をお過ごしいただける、オールシーズン使用可能なアイテムです。

当社は今後も、リカバリーウェアをはじめとする休養に関わる商品やサービスを通じて明日を元気にいきいきと過ごしていただけるよう、皆様の休養時間をサポートし続けます。

※PHT(Platinum Harmonized Technology)は、当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物(特許取得名称:DPV576)を繊維1本1本に練りこんで開発した特殊繊維(ポリエステル)です。「PHT」を使用し、「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」を目的につくられた「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、心身の"休養"をサポートします。

▼キャンペーンページはこちら
https://www.venex-j.co.jp/campaign-202208.html

▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220803.pdf

2022年07月26日

お客様リクエスト No.1 のブラックカラーが新登場

肩こり・足のむくみなど体の疲れ、そのままにしていませんか?
ベネクスアクセサリーの"着けるだけポイントケア"で癒しの習慣化
お客様リクエスト No.1 のブラックカラーが新登場


休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村太一、以下、当社)は、身体の部位ごとにピンポイントでケアが可能な定番「アクセサリー」商品を 2014 年より販売しています。このたび商品の一部ラインナップに、お客様の要望の多かったブラックカラーが新登場しました。


▼商品ページ
https://store.venex-j.co.jp/products/list?category_id=12

20220726_sum.jpg


■ベネクスのアクセサリーにブラックカラーが新登場!毎日の疲れ・コリを感じたら、着けて休むだけの簡単ポイントケアを
当社はこれまで、健康の 3 要素のひとつ「休養」の重要性を伝えるブランドとして、休養時専用の「リカバリーウェア」の販売を通して、お客様の疲れや睡眠に関する悩みに向き合い続けてきました。その中で、ウェアだけでなく、疲れやコリなどの悩みの多い「首」「肩」「足」などの身体の部位それぞれをポイントケアできる「アクセサリー」商品も提供しています。このたび、そんなアクセサリー商品に、お客様のご要望に多かったブラックカラーが新たに登場し、全国の取扱い店舗にて発売中です。

繊維 1 本 1 本にナノプラチナなどの鉱物を練り込んだ特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)(※)」が身に着けるだけで質の高い"休養"をサポートする機能性を活かし、「首」、「肩」、「腕」、「足」のそれぞれの悩みにアプローチ。非着圧かつフラットな縫製を採用するなど、快適に過ごせること・つけたままでも眠れることを追究した、ストレスフリーなアイテムです。ベネクスアクセサリー商品の簡単"着けるだけポイントケア"を習慣にすることで、日々身体に疲れを溜めて放っておくのではなく、こまめにケアしませんか。

当社は今後も、使う人のライフスタイルに寄り添い、「リカバリーウェア」が休養をサポートするソリューションのひとつとなれるよう、より良い商品開発を続けていきます。

※PHT(Platinum Harmonized Technology)は、当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物を繊維 1 本 1 本に練り込んで開発した特殊繊維です。「PHT」を使用し、「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」を目的につくられた「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、心身の"休養"をサポートします。

▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220726.pdf

2022年07月20日

"動きやすい"だけじゃない『リカバリーヨガウェア』新登場

リラックスヨガの時間をもっと心地よく。リカバリーウェアの素材でつくった"動きやすい"だけじゃない『リカバリーヨガウェア』新登場
本日2022年7月20日(水)12時〜Makuakeにて販売開始


休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、ヨガインストラクターとともに研究し、心身のバランスを整えるべく行われる、ゆっくり大きな動きが中心のリラックスヨガ向けの『リカバリーヨガウェア』を新たに開発し、本日2022年7月20日(水)12時よりアタラシイものや体験の応援購入によるクラウドファンディングサービス「Makuake」にて先行販売を開始します。

▼Makuake商品ページ
https://www.makuake.com/project/venex02/

20220720_sum.jpg


■ヨガ専用リカバリーウェアを開発した理由とは? 新たな着用シーンの提案で休養時間をより充実したものに
当社はこれまで、睡眠時やスポーツ後、また移動中などの休養時間にご使用いただけるよう、使う人のライフスタイルに寄り添った「リカバリーウェア」の開発を進めてきました。しかし、明日の活力向上のために過ごす休養の時間は、「動かず休む」という時間に限らないとの考えが生まれました。

そこで当社は、多くの目的、種類が存在する「ヨガ」の中から「リラックスヨガ」に着目しました。その名の通り「リラックスヨガ」は、リラックスや癒しを目的に行われることが多く、"ゆっくり"とした動きで身体をほど良く温め、心身の緊張をほぐしたり、適度な体への負荷を感じるため、ストレス軽減や睡眠の質の向上も期待できるとされています。

当社が提供する「リカバリーウェア」も、まさに明日の活力・元気を向上させるため、睡眠の質向上や、日々の疲れをケアするアイテムとして愛用いただいてきました。
この当社商品の「休養をサポートする」という特徴とリラックスヨガの特徴に親和性を感じ、リカバリーウェアブランドとしてより充実した休養時間となるきっかけにしていただくために、「ヨガ」というリラックスシーンに寄り添った新商品の開発に至りました。
ヨガとのコラボレーションは、昨年の9月8日の休養の日から開始しており、「リカバリーウェア」を着て参加いただくオンラインヨガイベント『Recovery Action Produced by VENEX そのまま眠れるリラックスヨガ +VENEX Recovery Wear』を開催しています。当初はベネクスユーザー様限定でしたが、現在ではユーザー様に限らず毎回100名以上の方からお申し込みがあるほどの人気イベントとなり、参加者の皆様からは「よりリラックスしてヨガを実践できている」「より寝つきやすい」というお声が寄せられています。


■リラックスヨガの動きに合わせて、動きを妨げずにフィット感もあるデザインを細部までこだわり開発
今回発売を開始する『リカバリーヨガウェア』は、リラックスを追究した「リカバリーウェア」の商品・生地開発におけるノウハウを蓄積した当社と、ヨガの動きや心身のケアについて熟知されているヨガインストラクターの中畠綾香氏との共同研究により実現しました。

『リカバリーヨガウェア』は、独自開発した特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)※」の身に着けるだけで質の高い"休養"をサポートする機能性をそのままに、忙しい日々を過ごす中で疲れてしまった心身をほぐして調子を整える、リラックスヨガの効果を最大化することをテーマにデザインした新しいヨガウェアです。
パワー系のヨガに比べて運動量が少ないながら、身体を伸ばしたり、ゆっくり大きく動いたりすることが多いリラックスヨガ。そのため、「肌が露出してしまう」、「下着のラインが見えてしまう」ことが原因で、ポーズに集中できないという悩みがあります。そこで当社は、中畠氏と何度も実証を重ね、リカバリーウェアを着てヨガを実践した体感をヒアリングし、動きの妨げにならないフィット感を細部まで追究。あらゆるライフスタイルに合うシンプルなデザインとヨガに集中できる仕様にこだわって作りました。


■共同開発者:ヨガインストラクター 中畠綾香 氏 コメント
「特別なリラックスタイムに自分自身と向き合って集中していただけるように、色んなヨガポーズを取っても動きやすく、首元や裾がズレてウェアを直したりすることがないように細部までこだわったデザインが気に入っています。汗をかいてもベタつかずサラッとしていて、生地も柔らかいので、ヨガのレッスン中も終わってからも着心地が良いです。心身のバランスを整えるヨガとリカバリーウェアの休養の質をサポートする機能によって穏やかな気持ちでヨガの時間が過ごせます。私も実際にレッスンで使用していますが、身体の緊張が解けやすく、さらに柔軟性が上がる、呼吸が深まるという感覚があります」

▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220720.pdf

2022年07月13日

「筑波大学男子駅伝チーム」を支援 オフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約締結

ベネクス、箱根駅伝出場を目指す「筑波大学男子駅伝チーム」を支援
オフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約締結
休養とパフォーマンスに関する共同研究も開始


休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、現在第99回箱根駅伝2023出場を目指す筑波大学の陸上競技部男子駅伝チームと2022年4月にオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約を締結しました。
また6月に、サポートの一環として第2回目となる休養セミナーを開催しました。さらに、2022年7月よりリカバリーウェア使用前後の選手の生活行動データの分析を通して、より良い「パフォーマンス」の最大化に貢献する休養ソリューションの提供を目指し、共同研究を開始します。

20220713_sum.jpg


■契約締結と共同研究の背景
このたび当社は、筑波大学陸上競技部男子駅伝チームが再び箱根駅伝出場することを目標にスタートした「#箱根駅伝復活プロジェクト」を応援するべく、2022年4月にオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約を締結しました。所属する48名に対してリカバリーウェアの提供や「休養」に関するセミナーなどを通して、休養面でのサポートをしてまいります。

当社は産学公の連携事業としてリカバリーウェアを開発しており、筑波大学とは2016年に共同研究を実施し、その際は「ベネクスリカバリーウェアを就寝時に着用することでアスリートのストレス軽減とコンディションが向上した」という結果を発表しました。このたびはより細かな視点から「休養」と「パフォーマンス」の関係性を調査してまいります。
2022年10月に行われる第99回箱根駅伝2023予選会に向けて4月よりセミナーを開催し、6月で第2回目を終えました。その際、休養やベネクスリカバリーウェアの使用方法などの講義を行い、選手やスタッフの皆様に理解を深めていただく場となり、現在練習後や休息時など日頃のケアに使用いただいています。今後共同研究を通して選手の生活行動データを分析し、チームのさらなる活躍と目標である箱根駅伝出場の実現を応援します。

今後も当社は、国内外で活躍するスポーツチームやアスリートへのサポートを通して、スポーツ業界のより一層の発展を「休養」で応援し続けます。


■筑波大学 陸上競技部男子箱根駅伝チーム 監督:弘山 勉 様 コメント
長距離走の競技力(競技パフォーマンス)は、トレーニングの積み重ねでしか高まりません。その積み重ねとは、トレーニングによって破壊されるカラダ(身体組織)を休息で回復させることを繰り返して、カラダをグレードアップすることを意味します。箱根駅伝は、競技レベルが年々上がり続けており、本戦に出場するために突破しなければならない予選会もまたハイレベルな群雄割拠の状態になっています。
高校時代に実績のある選手が集まるわけではない筑波大学では、トレーニングの充実を図ることでしか箱根駅伝への道を拓くことができません。しかし、実情は、カラダの器を超えたトレーニングが続くために、オーバートレーニング状態となり、スポーツ障害を発症するケースが多くなってしまうのです。そこで重要なのが、スポーツ科学の利用です。走力の低い選手がハーフマラソンをしっかり走破できるまでに成長するのは、トレーニングの効率化ではなく、回復力の向上だと思います。
そういう意味で、ベネクス様との取り組みは心強くなります。自律神経に着眼したコンディショニングの機能性を有するアイテム(リカバリーウェア)を活用していくことで、ヒトに本来備わる回復力の発揮が期待されます。これからは、箱根駅伝予選会に向けてトレーニングはますます厳しさを増していきます。ベネクス様のお力をお借りしながら、学生たちが最大限の努力を続けていくことで、予選突破を手繰り寄せたいと思います。


■株式会社ベネクス 取締役副社長:片野 秀樹 コメント
箱根駅伝の創設者が、NHK大河ドラマ「いだてん」の主人公「日本のマラソンの父」東京高等師範学校の金栗四三。そして、この金栗が、第一回箱根駅伝で東京高等師範学校を優勝へと導いたと知りました。東京高等師範学校は、筑波大学の前身です。
このような伝統を背負い、後輩たちが国立大学の限界を乗り越えてタスキをつなごうと「箱根駅伝復活プロジェクト」がスタートしたと聞きました。今回株式会社ベネクスは、筑波大学陸上競技部男子駅伝チームとオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約を締結し、困難にチャレンジする選手たちを休養分野からサポートさせていただくことになりました。
令和の「いだてん」たちが、最良の休養により最高のパフォーマンスを発揮し、晴れの舞台に向かって活躍することを、全社をあげて願っております。


【筑波大学 陸上競技部 男子駅伝チームについて】
http://tsukuba-hakone.win/


筑波大学は1920年に開催された箱根駅伝第1回大会で優勝し、これまで全61回の出場経験を持つ強豪校です。2020年開催の第96回大会では26年ぶりの出場を果たしました。筑波大学の「#箱根駅伝復活プロジェクト」では、高い競技能力と倫理観、スポーツ愛好精神に加え、高い教養と知的探究心をもって自身の能力開発を進め、将来的にはその経験を活かして社会に貢献できるよう成長することを目指しています。
現在所属選手は48名で、2022年10月23日に行われる第99回箱根駅伝2023予選会に向けて日々努力を重ねています。


▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220713.pdf

2022年07月5日

メールフォーム メンテナンスのお知らせ

システムのメンテナンスに伴い、下記の時間帯、お問い合わせ等のメールフォームをご利用できませんのでご了承ください。

◆メンテナンス
期間:2022年7月6日(水)10:00〜13:00
※メンテナンス終了時間は若干前後することがございます。

お手数ですが、メンテナンス中は以下のメールアドレスまたは電話番号へお問い合わせをお願い申し上げます。

◆メールでのお問い合わせ
info◇venex-j.co.jp
※ ◇ は @ に置き換えてください。

◆お電話でのお問い合わせ
046-200-9288(10:00〜17:00 土日・祝日を除く)

メンテナンス期間中はご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2022年07月1日

サッカーJ2リーグで活躍する栗本広輝選手とアンバサダー契約を締結

サッカーJ2リーグで活躍する栗本広輝選手とアンバサダー契約を締結

「リカバリーウェア」の提供で"休養"をサポート


休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、サッカーJ2リーグで活躍する栗本広輝選手と2022年7月1日(金)付けでアンバサダー契約を締結しました。

20220701_sum.jpg


■契約の概要と背景
栗本広輝選手は、フットボールクラブ、海外サッカーチームでの経験を経て2022シーズンよりJリーグデビューされたサッカー選手です。栗本選手は日頃からパフォーマンス向上に加え、毎日を元気に過ごすためには「休養」を取ることが大切だと考えられています。プロサッカー選手としてアメリカに渡られる際、あらためて「休養」の重要性を感じられ、それ以降ベネクスリカバリーウェアを愛用いただいていたこともあり、このたびアンバサダー契約の締結に至りました。
契約を機に、リカバリーウェア提供を通して休養をサポートし、J2リーグで戦う栗本選手のさらなる活躍を応援してまいります。

■栗本 広輝選手 コメント
このたび、株式会社ベネクス様とアンバサダー契約を締結させていただくことになりました。2019年にアメリカでプロサッカー選手になることをきっかけに、ベネクス様のリカバリーウェアを使用しはじめました。
私が意図した使用目的は、大きく2つでした。1つ目は、時差や環境などの変化にできる限り早く適応すること。2つ目は競技時間外で可能な限り回復し、ケガを予防することです。そこから、3年間、アメリカで競技生活を送りました。日常生活から着用することで、環境に適応するとともに、1度もケガをすることなく、プレーし続けることができました。また、帰国してからもケガなくプレーができています。
トレーニングを良い状態で行うためには「しっかりと回復すること」が大切です。しかしながら、「どんなトレーニングをするか」や「どんな食事を取るか」に比べて「休養に目を向ける」ことは、多くないように感じます。そのため、ベネクス様の商品を着用し続けることで、競技力向上だけでなく、休養の大切さを発信できればと思います。

そして、最後に、休養に目を向けることは、アスリートに限らず、全ての人にとって大切なことだと思います。しっかりと回復することは、良い1日を過ごすために欠かせないことだと思います。より良い身体の状態で毎日を過ごしたいという方に、ぜひ商品を体感していただければと思います。

■株式会社ベネクス 取締役副社長:星 繁信 コメント
このたび、大宮アルディージャの栗本広輝選手とアンバサダー契約を締結させていただくことになりました。弊社が栗本選手の「休養」をサポートさせていただけるということ、心より光栄に感じております。
栗本選手がアメリカのチームに移籍する際、「アメリカにリカバリーウェアを持っていきたい」と、ご本人から弊社へご連絡をいただいたのが、知り合ったきっかけでした。それ以降、アメリカで弊社商品をご愛用くださっています。帰国される際は弊社まで足を運んでいただき、アメリカで商品を使用した際の体感などの話を聞かせていただいておりました。そんな栗本選手の人柄や誠実さが会うたびに伝わり、「栗本選手を応援したい」という想いから、今回の国内チームへの移籍を機に契約を締結させていただきました。
栗本選手は単身アメリカで勝負をし、そして結果を残して来られました。異国の地でコンディションを維持することの難しさ、リカバリーの重要性や必要性をしっかりと理解されていて、そんな栗本選手とお話するたびに、あらためて私達自身がベネクスリカバリーウェアの価値を気付かされています。

微力ではございますが、弊社商品を通じて、次のステージであるJリーグでの栗本選手の活躍に貢献してまいりたいと思っております。弊社社員一同、これからの栗本選手の益々の活躍と飛躍を心より祈念申し上げます。


【栗本 広輝選手のプロフィール】
1990年6月16日 生まれ、愛知県出身のプロサッカー選手。フットボールチーム、海外チームでの経験を経て、現在J2チームの大宮アルディージャに所属され、ミッドフィルダーとして活躍しています。

〈所属チーム歴〉
清水商高 - 順天堂大 - ホンダFC(JFL) - Fresno FC(アメリカ/USL Championship) - Colorado Springs Switchbacks(アメリカ/USL Championship) - Oklahoma City Energy FC(アメリカ/USL Championship) - 現在:大宮アルディージャ

〈出場記録〉
JFL 166試合35得点
USL Championship 77試合2得点

公式SNSアカウント:
Twitter
Instagram


▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220701.pdf

2022年06月20日

3x3 女子プロバスケットボールチーム「REXAKT」とオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約を締結

3x3女子プロバスケットボールチーム「REXAKT」とオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約を締結

「リカバリーウェア」の提供で選手の"休養"をサポート


休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、「REXAKT」(拠点:神奈川県川崎市、ヨミ:リザクト)と2022年6月20日(月)付けでオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約を締結しました。

20220620_sum.jpg


■契約の概要と背景
「REXAKT」は、神奈川県川崎市を拠点として活動する、3人制バスケットボール「3x3(スリーエックススリー)」の女子バスケットボールチームです。「何事にも真摯に向き合い、ただひたむきに」をスローガンに掲げ、女性アスリートが活躍の場を広げバスケットボールを楽しみ、そして社会での活躍に向け成長できる環境を創るべく設立されました。
「REXAKT」のオーナーであり元女子バスケットボール日本代表の矢野良子様が、選手の皆様がパフォーマンス向上を目指すことに加え、より長く現役としてプレーを続けられるよう練習環境を整えたいとの想いを持たれていました。そして、ご自身も以前より休養の重要性を感じられており、ベネクスリカバリーウェアをご使用いただいていたことをきっかけに、このたびのオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約締結に至りました。今後、選手の皆様へのリカバリーウェア提供を通して、「REXAKT」所属選手の休養をサポートし、2022シーズンにおけるチームの活躍を応援してまいります。

■「REXAKT」オーナー:矢野 良子 様 コメント
このたび、「株式会社ベネクス様」とオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約を結ぶ運びとなりました。
私が選手時代よりお世話になっており、3x3というタフな環境下で身体を酷使し、リカバリーには重視して来ました。そんな中で、ベネクス様のリカバリーウェアに出会い、初めて着用させていただいた時はとても感動したのを今でも鮮明に覚えており、コンディション調整にとても役立たせていただきました。 今後は「REXAKT」へのチームサポートにより、選手のコンディショニング、また製品の素晴らしさを多くの方々に共有できればと思います。

■「REXAKT」選手代表:近内 瞳 選手 コメント
このたび、「株式会社ベネクス様」とオフィシャルリカバリーウェアサプライヤー契約を締結させていただき、リカバリーウェアをご提供していただけること大変嬉しく思います。
私は4年程前から、プレゼントしてもらったことがきっかけでベネクス様のリカバリーウェアを愛用しており、仕事や練習、移動など日々の疲れをリフレッシュすることができる同社の製品は手放せない存在です。そんな製品の素晴らしさを多くの方と共有したく、今度は私たちがきっかけとなれる活動をして参りたいと思います。

■株式会社ベネクス 取締役副社長:星 繁信 コメント
このたび、代表の矢野良子様とのご縁で「REXAKT」様と「オフィシャルリカバリーウェアサプライヤー」契約を締結させていただくことになりました。「REXAKT」の選手の皆様の「休養」をサポートさせていただけるということ、心より光栄に思っております。 矢野様とは共通の知人を通じて知り合ったのですが、チームへの想い、そしてチームで活動する選手に皆様への想いなど、様々なお話を聞かせていただきました。長く現役を続けたご自身の経験から「休養の必要性」をとても重視されていて、「大好きなバスケを長くやっていきたい」という選手の皆様の想いを叶えるためにも、VENEXリカバリーウェアが必要であると感じていただきました。そこで、このたびお話をいただき、そんな矢野様、そして選手の皆様の想いに応えたく、このたびの契約に至りました。
微力ではございますが、弊社製品を通じて選手の皆様へ「休養」を提供させていただき、皆様の活躍に貢献して参りたいと思っております。弊社社員一同、これからの「REXAKT」選手の皆様の益々の活躍と飛躍を心より祈念申し上げます。


【REXAKTについて】
「REXAKT」は、神奈川県川崎市を拠点とした3x3の女子プロバスケットボールチームです。チームのオーナーには、元女子バスケットボール日本代表で2004年アテネオリンピックに出場し、2017年に3人制バスケットボールへ転向後、3x3.EXE TOURNAMENT 2018-2019で優勝、3人制バスケのトップリーグ3x3.EXE PREMIER出場の経歴がある矢野良子様が務められています。
「REXAKT」は、「何事にも真摯に向き合い、ただひたむきに」をスローガンに掲げ、バスケットボールを通じて社会で活躍できるpersonalityを持った女性に成長できる環境を創るべく設立されました。2020年2月のYahoo! JAPAN 第5回3x3 日本選手権大会では、初優勝を飾るなど活躍されています。現在、3x3バスケットボールの競技人口を増やすなど、さらなる盛り上がりを目指し日々活動されています。


20220620_sum_02.jpg



▼公式SNSアカウント
Instagram
Twitter


▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220620.pdf

2022年06月15日

競泳選手ボディは男のロマン? 男性に人気の水泳、筋トレ併用率66.5%に

競泳選手ボディは男のロマン? 男性に人気の水泳、筋トレ併用率66.5%に 週1回以上泳ぐ人、20代男性20%が最多 泳がない人は「体が硬いと感じる」の声も 〜10万人調査による「スポーツ・サステナビリティ白書2022」Vol.5〜


DPV576(PHT繊維含有成分)を活用したウェアを開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)はリカバリー(攻めの休養)ノウハウの提供により、社会のスポーツ寿命の延伸によるスポーツ業界の発展を目指す、スポーツ・サステナビリティ支援事業を実施しています。
そのなかで、一般社団法人日本リカバリー協会(事務局:神奈川県厚木市、代表理事:片野秀樹)、一般社団法人日本疲労学会、神戸リサーチコンプレックス協議会と共同で実施した、全国の男女、20?79歳10万人(「ココロの体力測定」)調査データから、「スポーツ・サステナビリティ白書」を作成し情報提供しています。今回は、日本のスイミング事情に注目し、水泳の行動率や健康状況について分析しました。


■スポーツ・サステナビリティ白書とは
全国の男女、20?79歳10万人(「ココロの体力測定」)調査データから、スポーツ行動頻度、スポーツ観戦・応援頻度、スポーツ各種行動および健康作りの3要素の分析を行い、スポーツと健康増進、健康投資の環境や休養・抗疲労ソリューションの状況をまとめています。また、各スポーツファンを都道府県(もしくは市区町村)のエリアデータで分析を行い、主に、地方自治体やスポーツチームへのマーケティングデータとしてご活用いただいています。

調査データ詳細掲載(リカバリーサイエンスラボ): https://recovery-science.jp/data/


【調査サマリー】
◇水泳行動率、年1回以上泳ぐ人、男性21.3%、女性12.2%、全体で16.7%
◇水泳行動率、最も高い男性世代は20代で20.0%、シニア層男女70代は10.8%
◇水泳と筋トレを併用して週1回以上行っている人は66.5%
◇健康に不満を感じている26.1%の人が週1回水泳を行っている
◇水泳を行っていない人の37.0%は身体が硬いと感じている
◇都道府県別、週1回以上の水泳行動率1位は佐賀県11.8%、2位徳島県11.7%、3位鹿児島県・山梨県11.2%
◇水泳を行う人の抗疲労(疲労解消)行動は、"抗酸化"がキーワードに。「フルーツを食べる」「楽器を演奏・練習する」など

▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220615.pdf

2022年06月7日

2022年サッカーイヤー到来! サッカーファンの休養満足度45.4%

2022年サッカーイヤー到来! サッカーファンの休養満足度45.4% サッカーファン層は70代、20・30代は海外趣向が多い結果に
〜10万人調査による「スポーツ・サステナビリティ白書2022」Vol.4〜

DPV576(PHT繊維含有成分)を活用したウェアを開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)はリカバリー(攻めの休養)ノウハウの提供により、社会のスポーツ寿命の延伸によるスポーツ業界の発展を目指す、スポーツ・サステナビリティ支援事業を実施しています。
そのなかで、一般社団法人日本リカバリー協会(事務局:神奈川県厚木市、代表理事:片野秀樹)、一般社団法人日本疲労学会、神戸リサーチコンプレックス協議会と共同で実施した、全国の男女、20〜79歳10万人(「ココロの体力測定」)調査データから、「スポーツ・サステナビリティ白書」を作成し情報提供をしています。今回は、サッカーファンに注目し、サッカーの人気や休養状況について分析しました。


■スポーツ・サステナビリティ白書とは
全国の男女、20〜79歳10万人(「ココロの体力測定」)調査データから、スポーツ行動頻度、スポーツ観戦・応援頻度、スポーツ各種行動および健康作りの3要素の分析を行い、スポーツと健康増進、健康投資の環境や休養・抗疲労ソリューションの状況をまとめています。また、各スポーツファンを都道府県(もしくは市区町村)のエリアデータで分析を行い、主に、地方自治体やスポーツチームへのマーケティングデータとしてご活用いただいています。

調査データ詳細掲載(リカバリーサイエンスラボ): https://recovery-science.jp/data/


【調査サマリー】
◇2022年サッカーイヤー到来!サッカーイベントを活用して、上手に休養時間を過ごそう
◇サッカーファンはプロサッカーリーグの男性ファン比率が最も高い
◇サッカーファン層は70代、20代30代は海外趣向が多い結果に
◇サッカーファンが多い都道府県は? 1位静岡県、2位山梨県、3位佐賀県
◇サッカーファンの休養満足度は45.4%
◇プロサッカーリーグ、ファン率が一番高いのは、ガンバ大阪

▼詳細・PDFのダウンロードはこちら
https://www.venex-j.co.jp/release/2022/20220607.pdf