Recovery Wear
2021/12/20

クリスマスギフトにおすすめな「リカバリーウェア」

今回は、べネクス商品部の生地担当である井口 恵理子さんに、クリスマスギフトに贈りたいリカバリーウェアのこだわりポイントをご紹介してもらいます。


RLスタッフ:今年のべネクスのクリスマスギフトのテーマは、大切なあの人へ、頑張った自分へ「リカバリーウェア」で"休養"をプレゼント!おうちクリスマスを至福の時間に ベネクス『クリスマススペシャルセット』と称して、コンフォートダブルを中心としたお得なセットを、ご用意していますが、商品のこだわりポイントを教えていただけますか。

井口さん:商品の特性は、べネクスのwebサイトでご紹介済みだと思うので、ここでは生地視点で、クリスマスギフトにおすすめなポイントをお話してみようと思います!

RLスタッフ:是非、プレゼントした時に語りたいと思います。

井口さん:2021年秋冬から国産に切り替えたコンフォートダブルは、再生繊維を使用した落ち感のある素材を活かしたシルエットが特徴です!再生繊維のセルロースだけを染めているため、染まっていない白い部分が残るやわらかな表情に仕立てています。クリスマスの時期はだいぶ寒くなってきて、おうち環境によって室内温度に差が出てくるかと思いますが、暖かいおうちであればコンフォートダブル1枚でサラッと着て頂いて、冷えを感じるようであればおうちインナーの肌着を合わせて着て至福のリカバリークリスマスを過ごしてもらえればと思います。

RLスタッフ:ゆったりとリラックスした素敵なクリスマスになりますね!

▼クリスマススペシャルセット特設ページ
2021xmas_pc_02.jpg




井口さん:コットンなど天然素材が好きな方へ贈るのであれば、コットン混の「コンフォートポンチ」などもおすすめです。「しなやかな肌触り」、「適度な肉感」、「ストレッチ性」にこだわったシリーズです!なぜコットンなのかというと、汚れの吸収性に優れ、肌触りが柔らかく洗濯性にも優れているため、おうち時間や睡眠時に適していると考えています。また多くの方が、なじみ深い繊維であること。やはりコットンじゃないと!という方は多くいらっしゃると思います。

RLスタッフ:相手の好みに合ったアイテムを選べるのは嬉しいですね。

▼WEB限定 コンフォートポンチ
2021xmas_pc_02.jpg




井口さん:それと、個人的な意見なのですが、できれば、明るい色をプレゼントしていただいて、着用いただいた方の気分が明るくなれば嬉しいですね!

RLスタッフ:色とリラックス効果や、気分が変わるなどは、研究もありますよね。

井口さん:はい、なので私は落ち込んでいる時こそ、明るい色を着ようと心がけていて、冬は黒ではなく白や色が入っている衣服を着るようにしています。冬は寒いのでしんみりした気分になりがちなので、普段は黒いコートを着ていたとしても、家の中で着るものは、色が与えてくれる要素も楽しんでもらいたいです。

RLスタッフ:製造工程でのこだわりもあるんですよね。

井口さん:是非、MADE IN JAPANの、ベネクスのこだわりを伝えたいです。

RLスタッフ:MADE IN JAPANの表記って、こだわりを感じますよね。

井口さん:ご存知の方もいらっしゃると思いますが、繊維製品の原産国表示は、"最終加工を行った国"になります。なので、海外の生地でも国内で縫製すれば日本製と言えます。逆に日本の生地でもベトナムで縫製すればベトナム製となるというルールになっています。

RLスタッフ:そういうルールなのですね、知らなかった。とすると、べネクスはどうなのでしょうか。

井口さん:ベネクスのMADE IN JAPANは生地も縫製も日本製です。縫製だけではなく、PHT糸の生産・生地の編立・染色・縫製とそれぞれの工程を、ベネクスの特徴を理解した日本の職人さんが、こだわって作ってくださっています。

RLスタッフ:リカバリーウェアというコンセプトを共有して、物づくりの現場に落とす、一番のメリットはなんですか。

井口さん:クオリティー管理ができることもありますが、"着心地の良いものは何だろう?"と考える時に、メーカーだけで作り上げるのではなく、工場からの提案がある、という環境は大きいと思います。そこには、設計図にはない、メーカー側だけでは気づけない方法やアイデアがあります。そうして、双方のアイデアを集結して、心地の良いリカバリーウェアを開発しています。それを実現するには、お互いに提案ができる信頼関係の構築が必要不可欠です。定期的に工場に訪れることでコミュニケーションをとっていることにもポイントがあると考えています。

RLスタッフ:リカバリーウェアは、科学的なデータから成り立っているだけではなくて、日本の繊維産業の技術も伴って完成されているのですね。



井口 恵理子さんのプロフィール

井口 恵理子さんのプロフィール画像

東京都生まれ。文化学園大学 服装学部服装造形学科 出身。3年次から機能デザインコースで人体生理に基づく機能的な衣服について学ぶ。ベネクスでは商品部の生地担当として生地の量産・開発・品質管理を担当。「心地いい」をキーワードに生地の開発に取り組んでいる。1つの生地を量産に繋げるまでに多い時では10回に及ぶ試験を繰り返し、発売(販売)後もお客様の声に耳を傾け、改善を繰り返してよりよい商品をお客様にお届けし、愛用頂けるモノづくりを目指している。
2021年、「疲労を防ぐ!健康指導に活かす 休養学基礎」(メディカ出版発行)を一部執筆。

<素材開発実績>
・コンフォートヒート
・コンフォートクール
・コンフォートポンチ
・スタンダードライト
・コンフォートタッチ
・国産コンフォートダブル
・おうちインナー肌着
・おうちインナーブラショーツ

<保有資格>
・繊維製品品質管理士(TES)
・衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)1級
・カラーコーディネーター検定2級

share

  • twitter
  • facebook
  • Line